マツダ、デミオを商品改良。アドバンストSCBS採用など安全性を向上

Ads by Google

マツダは、デミオにアドバンストSCBSを採用するなどi-ACTIVSENSEの採用拡充するなどの商品改良を実施し、2017年12月7日に発売します。2017年11月9日から予約を受け付けています。

今回の商品改良で、デミオの全グレードが「サポカーS・ワイド」に該当し、これで、ロードスターを除く6車種の全グレードで「サポカーS・ワイド」に該当することになりました。

今回の商品改良では、車両だけでなく歩行者も検知する先進安全技術の「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」に加え、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」を全機種で標準装備とし、既に標準化されている「AT誤発進抑制制御[前進時]」との組み合せで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当しています。

マツダ デミオの商品改良概要

先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の採用を拡充

標準装備する安全装備
  1. アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)
  2. AT誤発進抑制制御[前進時]【AT車全車】
  3. 車線逸脱警報システム(LDWS)
  4. ハイビーム・コントロール・システム(HBC)

より安全性を高める標準装備
  1. スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)
  2. AT誤発進抑制制御[後退時]【AT車全車】
  3. ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
  4. リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
  5. リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
  6. 交通標識認識システム(TSR)
  7. ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

i-ACTIVSENSE搭載グレード

「360°ビュー・モニター」と「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」を新設定

「360°ビュー・モニター」は、車両の前後左右に備えた4つのカメラを活用し、左右・俯瞰映像をセンターディスプレイに表示。モニターの映像は、人間中心の開発哲学にもとづき、遠近感や距離感をつかみやすい自然な映像を目指しました。「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」をあわせてメーカーオプションに設定することで、ドライバーから見えない領域の危険認知をサポートします。

「ソウルレッドクリスタルメタリック」の採用

従来のボディカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」に比べ、彩度を約2割、深みを約5割増すことにより、より瑞々しく艶やかな透明感を実現。「魂動」デザインの造形美を、より質感高く際立たせます。
54,000円(税込)高

特別仕様車「Noble Crimson」追加

ベース車

「13S Touring」、「XD Touring」のSKYACTIV-DRIVE(6AT)車

特別装備
  • 専用インテリアコーディネーション(レッドシートファブリック、ホワイト内装)
  • エアコンルーバーレッドメタリック
  • CD/DVDプレイヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)
  • 高輝度塗装アルミホイール(ガソリンエンジン車:15インチ、ディーゼルエンジン車:16インチ)

ボディカラー

特別仕様車専用色として「セラミックメタリック」を設定

この他、「ディープクリムゾンマイカ」、「ジェットブラックマイカ」、「ソウルレッドクリスタルメタリック」、「マシーングレープレミアムメタリック」、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」の全6色を設定。


【MAZDA】「マツダ デミオ」の先進安全技術を拡充|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする