次期マツダ アクセラをいろいろと妄想してみる #5-スケジュール

Ads by Google

次世代スカイアクティブを満載した次期アクセラの登場は、2019年中になるはずです。では、いつ頃なのでしょう?

直近のニューモデルのスケジュール

マツダのニュースリリースの配信タイミングで振り返ってみます。

CX-8の場合

最初のリリースから発売まで「230日

  1. 2017年4月28日:マツダ、新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の導入を公表
  2. 2017年7月25日:新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の外観を公開
  3. 2017年9月14日:新型3列シートクロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の予約受注を開始
  4. 2017年12月14日:発売

CX-5の場合

最初のリリースから発売まで「98日

  1. 2016年10月27日:マツダ、ロサンゼルス自動車ショーにて新型「マツダ CX-5」を世界初公開
  2. 2016年11月16日:マツダ、新型「マツダ CX-5」を世界初公開
  3. 2016年11月29日:マツダ、新型「マツダ CX-5」の生産を開始
  4. 2016年12月15日:新型「マツダ CX-5」を発表
  5. 2017年2月2日:新型「マツダ CX-5」の予約受注が好調
  6. 2017年2月2日:発売

スクープは、2016年8月上旬にありましたから、ここから発売までは179日でした。

現行アクセラの場合

最初のリリースから発売まで「105日

  1. 2013年6月27日:マツダ、走る歓びを革新したスポーツコンパクト 新型「Mazda3」を発表
  2. 2013年10月9日:新型「マツダ アクセラ」の予約販売を開始
  3. 2013年10月10日:発売

スクープは、2013年2月下旬にありましたから、ここから発売までは229日でした。

次期アクセラのスケジュールを妄想

さて、次期アクセラの発売を以前の新聞記事を鵜呑みにして、2019年3月上旬としておきます。

マツダ、次期アクセラを2018年度末に新型エンジンを載せ投入!HCCIを採用し燃費3割向上との報道
日経新聞によると、マツダは、2018年度末に燃費を約3割向上させた新型エンジンを次期アクセラに合わせて市場投入するとのことです。

次に実車のお披露目を11月のロサンゼルスモーターショーとして、最初のリリース発表が約20日前の10月下旬とすると、ざっと最初のリリースから発売までが130日前後になります。だいたいこんなところかな?

  1. 2018年8月:プロトタイプカーがスクープされる
  2. 2018年10月:ニュースリリース配信
  3. 2018年11月:ロサンゼルスモーターショーでお披露目
  4. 2019年3月:発売


その他、マツダは、マイルドハイブリッドとバッテリーEV、そして新マツダコネクトの次世代技術の説明会を2018年に行うと予告済みです。

マイルドハイブリッドは、SKY-Xに標準になるそうですし、新マツダコネクトも搭載初号機の次期アクセラ(Mazda3)の発表と近いタイミングで案内があるでしょう。

ただ、バッテリーEVは、中国やアメリカ(カリフォルニア辺り)が、主戦場になるでしょうから、次期アクセラ(Mazda3)とは異なる時間軸で進行するのでしょうかね。

魁 CONCEPTを次期アクセラ風に

魁 CONCEPTのリアドアガラスあたりを修正して、現行車から18インチホールなどを適当に移植してみました。アラが分かるので画像は小さめです。
ガラスが増えても格好いいですわ。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする