次期アクセラに続くコンセプトモデル「魁 CONCEPT」

Ads by Google

マツダが、東京モーターショー2017で発表した「魁 CONCEPT」は、次期アクセラに大きく影響を与えるモデルです。

次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載し、世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」と合わせて、洗練された走行性能を実現しているとされる、「魁 CONCEPT」です。

エクステリア

ボディーサイズ

コンセプトモデルの寸法などのスペックが、マツダのホームページでは公開されていませんが、中国メディアが、全長x全幅x全高=4,420x1,855x1,375mm、ホイールベース=2,750mm と報じていました。これが、正しい数字なら、ホイールベースが、アクセラ比50mm延長されています。生産車に反映されて居住性などの向上につながると不満解消につながるかな?(苦笑)。

その他

パット見で分かる特徴は、

  • グリルは、メッシュタイプ
  • シグネチャーウィングは、シルバーではなく落ち着いたグレー
  • ウィンカーは、前後ともシグネチャーに内蔵
  • 前後左右のアンダースポイラー装着
  • サイドミラーレス仕様
  • タイヤは、YOKOHAMA製(20インチくらい?)
  • ブレーキキャリパーは、ブレンボ製
  • シャークフィンアンテナは、無し
  • ルーフが透け透け
  • 縦長のバックフォグランプ
  • 縦長のハイマウントランプ
  • マフラーは2本出し


エクステリアの感想
これまでの例に倣うと、コンセプトモデルと生産車のデザインに大きく乖離がありませんでした。だから、魁からアクセラへの移行も同様であってほしいと思います。

タイヤが18インチなったり、車幅が1,800mm近くに縮小された時にどこまで、このイメージが残るのかも楽しみです。ただ、斜め後方の視野とリアハッチの見切り位置の高さが、気になります…。

インテリア

RX-VISIONから雰囲気を受け継いでいるように見えます。

マツダコネクト

次世代マツダコネクトも同時採用されるはずの次期アクセラですが…今までのように独立したモニターはなく、ダッシュボードに組み込まれています。コマンドダイヤルは残っているみたい??


インテリアの感想
黒内装や三眼式メーターが、アクセラにも採用されると嬉しいのですが、どうなるでしょう。そして、ダッシュボードの上部の形状が、だいぶフラットになったので、フロントウインドウへの映り込みも軽減されるかもしれませんね。

オーディオや空調のコントロールをどうするのかは不明ですが、コンセプトモデルなので…それを言ったら、サイドミラーの映像をどこに映すのかも不明です。何れにせよ、新世代マツダコネクトの採用と一緒にHMIも深化(進化)するようで楽しみです。

メディア

ギャラリー

ムービー

格納式ドアハンドルの作動が分かるので、この動画を貼っています。


【MAZDA】次世代商品コンセプト
次世代圧縮着火エンジンSKY ACTIVE-Xを搭載! マツダ 魁 CONCEPT(かいコンセプト)を日本初披露【東京モーターショー2017】|東京モーターショー2017【オートックワン】

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする