マツダ、北米にSKY-DとSKY-G気筒休止仕様を同時期に投入?

Ads by Google

TTACによると、マツダは2018年型CX-5のVINコード(車両識別番号)をアップデートしているそうです。

こちらが、CX-5のコード体系です。

エンジンタイプの部分をアップにしたのがこちらです。

一番上にある2.5Lは「気筒休止システム」を搭載していますね! そして、上から二番めにディーゼルがあります。

コードの更新申請があったのが、2017年10月18日だそうですが、TTACでも正式に投入される時期を掴んでいないようです。それでも、「手続き」は、ちゃくちゃくと進んでいるようで、何よりです。

ターボエンジンが、このリストに載っていないので、予告されているSKY-G 2.5Tの拡大採用は、このタイミングではないようです。

It’s a Sign: TTAC Finds Official NHTSA 2018 Mazda CX-5 Diesel Filing

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする