新型RXスポーツカーのハードルは技術ではなかった

Ads by Google

Automotive Newsが、マツダのロータリーエンジンのこれまでとこれからについて、関係者の話を伝えています。

ロータリーエンジンはレンジエクステンダーに

Mitsuo Hitomi, global powertrain head, said the technology will likely do duty as a range-extender engine to generate electricity for the battery-powered car.

マツダの人見氏は、これまでも話にもあったように、ロータリーエンジンは電気自動車のレンジエクステンダーとして、小型・ハイパワー・低振動などの特長から適しているとしています。

The pure electric will target markets such as Japan, Europe and China, where an EV can get by with a shorter range. But a range extender is seen as necessary for North America and other markets where daily drives are much longer, Kyomen said.

また、シャシー開発の京免氏は、ピュアEVは、日本や欧州、中国など走行距離が短いマーケット向けにし、レンジエクステンダー付き仕様は、アメリカのような長距離走行の多い地域に必要だと話しています。

2019年に登場する、ピュアEV車とレンジエクステンダー付きEV車については、既報と言えば既報でしょうかね。仕様と仕向地の組み合わせにも想定の範囲でしょうが、日本でもロータリーエンジン付きは欲しいです。

RXスポーツカーのビジネスケースが難題

Meanwhile, Hitomi confirmed that Mazda’s engineers are developing a bigger rotary engine that might someday power a sports car. The biggest hurdle has not been the technology, he said, but making the business case for another performance entry, on top of the MX-5 Miata already playing that role.

レンジエクステンダーに使う小型REの他にスポーツカーに載せるべく大型のREも開発中だとしています。しかし、最も大きなハードルは、技術ではなかったそうです。すでにスポーツカーとしての役割を果たしているMX-5の上に別のパフォーマンスモデルのビジネスケースを作ることだと話しています。

以前より、ロータリーエンジンは開発中だけれども、それを直接の動力源とするスポーツカーは作らないと話す小飼社長の話が何度か記事になっています。依然として、このあたりの壁を乗り越えるか突き破ることができていないようです。

マツダは新型ロータリースポーツを作るの?作らないの?
小飼社長が、Automotive Newsのインタビューで話したことによれば、マツダは新型ロータリースポーツを商品化する計画はないとのことです。をいをい!
マツダ社長曰く「RXシリーズは将来の製品プランには無い」(更新)
Automotive Newsでのインタビューの中でマツダ小飼社長は、RX-8後継車ような車種の計画はないと話したとのことです。
それならば、なぜRX-VISIONを出したのでしょう。突破口を開く役目として発表したと思っているのですが…。


Mazda hatches a rotary revival

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    RX-VISIONを作り、世界中のディーラーに見せて800万円で販売して行く事が出来るか聞いたのでしょう。

    おそらく、答えは、、「無理~」ですね。
    マツダは調子に乗って分不相応な事をするとコケます。

    350万円のRX-7でも難しいでしょう。
    安価なRX-8が無難では有ります。