マツダ、オーストラリア市場にて顧客満足度調査で最高評価

Ads by Google

CarAdviceによると、ロイ・モルガン・リサーチによる顧客満足度調査で、マツダが第一位の評価となったそうです。

Part of the firm’s ‘Automotive Satisfaction Report’, the study is based on over 40,000 interviews yearly with Australian motorists, with 95.3 per cent of Mazda owners ‘Very’ or ‘Fairly’ satisfied with their vehicle in the 12 months leading into July 2017.

2017年7月までの12ヶ月間に40,000人にインタビューした結果、マツダ車に対して「かなり満足」「まあまあ満足」と答えたオーナーが、95.3%となりました。


2位がボルボ、3位がレクサス、4位がシュコダと続きます。4位のシュコダでも94.8%が満足と回答していることから、けっこう横並びの結果といえると思います。

記事でも、次のように書かれていました。

“In such a highly competitive car market as Australia, it is critical that brands focus on their satisfaction ratings relative to their major competitors and across key segments because customer satisfaction has the potential to impact on customer retention and advocacy(オーストラリアのような非常に競争の激しい自動車市場では、顧客満足度が顧客の保持と擁護に影響を及ぼす可能性があるため、ブランドは主要競合他社や主要セグメントに比べて満足度に重点を置くことが重要です).”

マツダにとってもオーストラリアは4番目の規模になる市場です。ここで、高い評価を得ることは今後も重要になるのでしょう。


Mazda tops Roy Morgan owner satisfaction survey

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする