マツダ、デンソー・トヨタと電気自動車を共同開発する新会社を設立

Ads by Google

マツダは、デンソー・トヨタと電気自動車の共同技術開発契約を締結しました。さらに共同技術開発を効率的に進めるための新会社を設立しました。

マツダ、デンソーおよびトヨタは、市場動向に柔軟かつ迅速に対応するため、幅広いセグメント、車種をカバーできるEVの基本構想に関する技術を共同で開発することに合意しました。軽自動車から乗用車、SUV、小型トラックまでの幅広い車種群をスコープとし、マツダの「一括企画」や「モデルベース開発」、デンソーの「エレクトロニクス技術」、トヨタの「TNGA」など、各社の強みを持ち寄ることで開発手法そのものを見直します。

新会社では、主に以下に取り組んでいきます。

  1. ユニットおよび車両について EV に最適となる性能および機能を規定する特性(コモンアーキテクチャー)を研究
  2. 上記(1)の特性を実現する各ユニットの搭載および車両としての性能を検証
  3. (2)を通して、車種群として考えた場合の各ユニットおよび各車両の最適構想の検討

日経の記事を読むと、提携関係にあるその他のメーカーにも参加を促すようですね。また、

効率的な開発手法が強みのマツダとの資本提携を決めたのも「弱点」を補うためだ。EV新会社の開発陣のほぼ半分はマツダの技術者。マツダ幹部は「EVの基盤技術をみんなで一緒につくり、米独勢などに勝てるようにしたい」という。

とも書かれていました。これが、提携の本丸にあたるのでしょうか。

電気自動車の主要部品なんて、ちょっとした発明であっという間に陳腐化してしまいそうなものばかりじゃないですか。バッテリーだって充電方式だって…自分が買った電気自動車が、3年も経たずにまるで旧世代の代物になることが容易の想像できてしまいます。

メーカーとしては、規格があるから先行して開発し、デファクトスタンダードを取りたいのでしょうが、ユーザーとしては、インフラが整備され、それこそ「Well to Wheel」で破綻のない状況になってから手を出しても遅くはないと思っています。

登場間もないころの薄型液晶テレビなんて40型くらいで40万円近くしていたのに、もはや、10万円もしないで4Kですよ。「電気製品」なんてこんなものです。

愚痴はともかく、今回の新会社に「デンソー」が、最初から参加している点に安心感があります。


マツダ、デンソー、トヨタが電気自動車の共同技術開発契約を締結 [PDF形式]

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    安価で長距離走れてハンドリングも良いEVに必要な要素技術の集約ですかね。

    高性能EV専用シャーシ:低重心、剛性、重量バランス、ハンドリング等
    ⇒EV専用シャーシのモデルベース展開

    電池:安価な円筒型LiBの組み込み制御技術
    ⇒パナの円筒型LiBの採用知見

    モーター:高回転まで高効率なモーター
    ⇒安川電機の巻線切り替えモーターの知見

    インバーター:高効率インバーター技術
    ⇒SiCも視野に置いたデンソーのインバーター技術

    レンジエクステンダー技術:手頃な価格でのEV展開
    ⇒低騒音、小型、軽量、安価なREジェネレーター

    中国のNEV規制も始まり、早急な開発が必要ですね。
    中国、19年から新規制 新エネ車に最低販売義務
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170929/mcb1709290500019-n1.htm