次期アクセラに搭載するSKY-Xはマイルドハイブリッド標準に

Ads by Google

中国新聞によると、マツダは、次期アクセラに搭載するSKYACTIV-Xをマイルドハイブリッド仕様にする方針と言うことです。

マツダが、2019年にも量産化する次世代ガソリンエンジン車の第1弾を、マイルドハイブリッドと呼ばれる簡易型のハイブリッド車(HV)にする方針であることが19日、分かった。車種は主力小型車のアクセラとなる見通し。電動化技術との組み合わせで、より高い燃費性能をアピールする。


第1弾は簡易型HV マツダ方針、アクセラに搭載か | 中国新聞アルファ


技術フォーラムの時には、検討しているなんて言っていましたが、日本では規制以前に「マイルドハイブリッド」という響きは重要です(苦笑)。

マツダ関係者によると、現時点ではマイルドハイブリッド化について「世界各地でのCO2規制など総括的に考えて、コストをかけてでも、低回転域で性能向上のため「X」への標準装備化を検討している」という。

マツダ次世代エンジン「SKYACTIV-X」の世界初試乗は驚きの連続! | エコカー大戦争! | ダイヤモンド・オンライン

こうなると、また、アクセラ22XDの立場が無くなりそうです。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする