マツダ、北米のディーラーネットワークをアップグレード

Ads by Google

北米マツダは、アメリカにある約600店舗のディーラーのうち約130店舗を2、3年かけて改善するそうです。

Automotive Newsによると、マツダは次の3つが改善点になります。

  1. Moving some locations and changing dealers.
  2. Introducing new outlet designs.
  3. Strengthening dealer training.

ディーラーネットワークの見直しで、ブランドを去るもの新しく加わるものがありましたが、結局、どれだけのディーラーが残り、参加しているのかは明かされていません。

マツダは、積極的なインセンティブに頼ることなく、ブランドイメージと市場シェア1.7%から2%への拡大も目指していますが、マツダがインセンティブを制限することで、販売は停滞しています。マツダのアメリカの販売台数は、2016年には6.7%減の297,773台になりました。今年は、これまで前年同期比2.4%減です。


Mazda upgrading U.S. dealership network

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする