マツダとトヨタの米国新工場はアラバマ州かテネシー州?

Ads by Google

中部経済新聞によると、マツダとトヨタが、アメリカで建設予定の新工場はアラバマ州かテネシー州が有力だそうです。

トヨタ自動車とマツダが共同で計画する米国新工場の建設先について、南部のアラバマ州、テネシー州を有力候補地として検討していることがわかった。

トヨタ、マツダの米国新工場 アラバマ、テネシーが有力 2017年 9月 1日 (金) 総合面の記事 中部経済新聞社


この新工場に対して、11州から13州が名乗りを上げているんですね。

事情に詳しい関係者によると、建設地の候補はアラバマ州、フロリダ州、ケンタッキー州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、ミシガン州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、テキサス州の11州。

トヨタとマツダの米新工場、11州が誘致目指す – WSJ

米南部(フロリダ、ジョージア、ケンタッキー、ミシシッピ、ノースカロライナ、テキサス、テネシー)と、中西部やラストベルト周辺(イリノイ、アイオワ、ミシガン、オハイオ、ペンシルベニア、ウェストバージニア)の少なくとも計13州が誘致に前向きな姿勢を示した。

トヨタ&マツダ、我が州に 新工場、米国で誘致合戦:朝日新聞デジタル

16億ドルの投資と4,000人の雇用ですものね。そりゃ、是非とも!になるのでしょう。

スケジュール通りに完成&製造開始できさえすれば、ぶっちゃけ、どの州になってもいいのですが…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする