北米マツダ、2017年8月のセールスレポートを発表。CX-5ばかりが売れる

Ads by Google

北米マツダが、2017年8月のセールスレポートを発表しています。依然としてCX-5の売れ行きは好調です。乗用車の前年割れは不可避??

8月としては前年比1%減の25,846台を販売しています。乗用車2車種は、どちらも前年割れしている中、CX-5とMX-5のみが前年超えです。

8月のトピックは、

  • CX-5は、5ヶ月連続で記録を更新。8月は、前年比9.6%増の11,631台を販売。
  • MX-5は、RFとソフトトップを合わせ、前年同期比9.5%増の901台を販売。
  • CXシリーズは、前年同期比6.5%増の14,868台でしたが、CX-3は3.8%減、CX-9は3.3%減とイマイチでした。
  • i-ACTIV AWDは、CXシリーズの64.3%のユーザーに選ばれています。



Mazda Reports August Sales | Inside Mazda

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    mazda5を止めたのと、mazda6にワゴンとAWDを設定しないのと、CX-3が売れないのが現況ですね。

    mazda5の替りにCX-8を投入する気が有るんでしょうか?
    mazda6のテコ入れはしないんでしょうか?
    CX-3はいらない子ですね。