マツダ、ツインターボと電動過給器付きエンジンの特許を米国で出願

Ads by Google

RoadandTrackによると、マツダは、アメリカで2つのターボチャージャーと電動過給器を使用したエンジンの特許を出願しているそうです。

図の(11)と(15)が排気駆動ターボチャージャーで、電動過給器は(18)です。箱状の(16)はインタークーラーです。

Text in the application says the electric supercharger would be used to provide low-end power while the two exhaust-driven turbos spool up(アプリケーションの文章によれば、2つの排気駆動ターボがスプールアップしている間に、電動スーパーチャージャーを使用してローエンドのパワーを供給するとしています).

記事では、次のように書かれていました。そして、電動過給器のパワーソースは、i-ELOOPより供給すかもしれないと。

そして、どうやら、このエンジンはFR用途らしいのです。RoadandTrackでは、だったら、MX-5に載せるのか?と。図では、6気筒のように見えるので、噂に出ていた「直6エンジンをFR車に積む」というアレですかね?? これがそうなら、トリプルチャージャー搭載のスポーツカーってことですよね?

マツダ、直6エンジンを開発し、FR車に搭載するとの報道
中国新聞によると、マツダは、3000cc程度の直6エンジンを開発し、FR車に搭載するとのことです。

RX-VISIONのノーズの長さは、この直6エンジンを見据えていた…なんてことはないですよね…妄想です。それはそうと、このエンジン本体は、SKY-Xなのかなぁ、出願資料にはVVTとか書いてあるんだけど。

これは、SKY-Xとは違う軸で語られるのかな。これで、また、ワクワクする材料が投下されました!

Mazda Patent Application Shows Wild Engine With Twin Turbos and Electric Supercharger
この記事元には、出願資料へのリンクが張ってあります。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] カで2つのターボチャージャーと電動過給器を使用したエンジンの特許を出願しているそうです。どうやら、このエンジンはFR用途らしいのです。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら […]