一汽マツダ、CX-4に22項目に及ぶ大幅改良を実施

Ads by Google

一汽マツダは、CX-4にGVCや多くの安全技術を採用する大幅改良を行い間もなく発表します。


中国メディアによると、22項目の内訳には、GVC、LDWS、HBC、MRCC、SBS、TMPS、AFS、ADDカラー化などが含まれています。

ハンドルやメーターのデザインも最新のものが採用されています。

エンジンは、2.0Lと2.5Lを継続採用し、スペックには変更がない模様です。エクテリアデザインにも手は加わっていないようです。今回の大幅改良は、マツダが、グローバルで展開している安全装備追加による商品力の向上が主な目的ですね。


马自达新CX-4 增22项配置 首搭超级驾控系统_马自达CX-4_国产新车-网上车市

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする