マツダ、創立100周年を期に多くの技術を次世代に移行!

Ads by Google

マツダは、2017年8月8日に行った技術開発の長期ビジョン発表の場で、多くの技術のロードマップも示しています。


商品化が実に楽しみなこのSKYACTIV-Xエンジンが、市販車に搭載されるのは2019年の予定。同年に車体プラットフォームの「SKYACTIV-BODY(ボディ)」と「SKYACTIV-CHASSIS(シャシー)」も第2世代に切り替わる。同時に「魂動」デザインや「マツダ・コネクト」も次世代へと移行する予定だ。

さらにマツダのロードマップを見ると、同時期に電気自動車(レンジエクステンダー付きも含む)とマイルド・ハイブリッドの投入が予定されている。翌2020年には「SKYACTIV-D」ディーゼル・エンジンも第2世代へ。そして現在は「i-ACTIVSENSE」と呼ばれる先進安全機能も、今年4月に公開された自動運転技術「MAZDA CO-PILOT CONCEPT」へ進化させ、2025年にまでに標準装備化を目指すという。

マツダ、ガソリンの圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X」を発表! – Autoblog 日本版

このロードマップを見ると、2017年には「SKYACTIV-X」の他に、次世代の「SKYACTIV-BODY」と「SKYACTIV-CHASSIS」、「魂動デザイン」の説明会が行われることになっていますね。東京モーターショーに合わせるのか、噂にあるフランクフルトモーターショーになるのか…。

先日のmotoring.com.auでは、次期アクセラも第6.5世代と見ていましたが、なんと、マツダコネクトも含めてほとんどすべての基本技術が次世代に移行することになります! 大丈夫でしょうかね????? 現行SKY-Dも、なんだかんだで、熟成に3、4年かかっているので、SKY-Xも出始めは、色々あるかもしれないですね。

気筒休止システムについても、さらっと資料に載っていますが、説明会では言及があったのでしょうか。


ロータリーエンジンの話は?

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    SKYACTIV-G/D Upgradeは2017年登場なんですね。
    マイルドハイブリッド、気筒休止、尿素SCRでパワーアップ???

    説明会の詳細記事が有りました。
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1075040.html