マツダ、TMS 2017で次期アクセラを示唆するコンセプトカーを展示する?

Ads by Google

motoring.com.auは、マツダが今年の東京モーターショーで次期アクセラにつながるコンセプトカーを展示すると伝えています。

In a new product reveal campaign that will echo that of the original CX-5, Mazda’s first SKYACTIV model in 2011, this month’s HCCI tech forum will be followed by the October Tokyo motor show reveal of a small-car concept that previews next year’s all-new Mazda3.

この一文には、東京モーターショーに次期Mazda3のプレビューとなるコンセプトカーが展示されることと、マツダが開発中のHCCI技術が、今月のテックフォーラムで明らかになるとも書かれています。けっこう、重たいことがサラッと書かれています(笑)。

マツダが、決算発表で『魂動デザインの次世代VISIONモデルを公表』としていたのは、次期アクセラになるのでしょうかね?

マツダ、次期アクセラを2018年度末に新型エンジンを載せ投入!HCCIを採用し燃費3割向上との報道
日経新聞によると、マツダは、2018年度末に燃費を約3割向上させた新型エンジンを次期アクセラに合わせて市場投入するとのことです。
ただ、この記事では、次期アクセラでも第6.5世代だと(う〜ん)。

この他に今後のマツダ車のことが書かれています。

  • 2020年までにロータリースポーツカーと次期BT-50が発売になる
  • 真の第7世代は、2022年ごろ登場の次期CX-5になる
  • 2020年以降のラインナップにはMPS(マツダスピード)モデルが加わる
  • 2025年のヨーロッパの規制に合わせてSKYACTIV3エンジンがリリースされる

少し端折っていますが…特に記事元が示されているわけでもないので、これまでの記事のまとめだったり、想像もあったりすると思います。ワクワクして待つ材料ということで…。


Revolutionary 2018 Mazda3 engine, design details soon – motoring.com.au

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    Longer term, Mazda says it will release third-generation SKYACTIV III engine tech to meet Europe’s 2025 fleet-average CO2 emissions requirement of 65g/km.

    この辺りがトヨタがマツダと連携したい所ですかね。
    TNGAのハイブリッドでは達成困難なレベルですからね。