マツダ、トヨタと米国新工場、EV共同技術開発など業務資本提携に合意

Ads by Google

マツダは、トヨタと4つの業務提携と総額500億円の資本提携に合意しました。2015年に両社が結んだ協力関係の成果だそうです。



発表された文書にちゃちゃを入れてます。

トヨタとマツダ、業務資本提携に関する合意書を締結

クルマの新しい価値創造と持続的成長を目指し具体的な協業がスタート

業務提携に係る合意内容

1.米国での完成車の生産合弁会社の設立

トヨタとマツダは、新たな協力関係の構築に向けて、30万台規模の生産能力を持つ完成車の生産に関わる新たな合弁会社を、米国に両社折半出資で設立することについて検討を進めていくことに合意いたしました。両社は、各国当局の許認可等が取得できることを前提に、2021年を目途に新たな合弁会社が設立する米国新工場の稼働開始を目指し、総額16億米ドル前後を投資し、4,000人規模の雇用を行うことを想定し、今後の検討を進めていく予定です。従来の商品・技術分野での協業に加え、新たに生産協業を通じ、生産面における競争力の向上を目指してまいります。

合弁会社では、マツダが北米市場に新しく導入するクロスオーバー車種及びトヨタの北米市場向けカローラの生産を行うことを想定しております。マツダは本米国自動車生産合弁事業を通じ、地域・車種の需要動向に機動的に対応できる生産フレキシビリティを拡大させ、北米で成長が期待される車両を中心とした現地生産体制を構築することを目指します。トヨタは成長する北米市場への対応として、本米国自動車生産合弁事業を通じ現地生産体制の増強を行うことで、一層地域に根ざした経営を進めることを目指します。
なお、トヨタが現在建設中のメキシコ・グアナファト工場では、カローラの代わりにタコマを生産する予定であり、今後の投資、雇用計画などに大きな影響はありません。

まさか、この「新しく導入するクロスオーバー車種」は、北米向けCX-5ディーゼルモデルではないでしょうから、苦戦しているMazda3やMazda6の分を補う車になるといいですね。

仮にCX-4だとすると、2021年で5年目ですから第7世代に切り替わるタイミングかもしれません。北米産新型CX-4をグローバルに展開という筋書きだといいな。

こういう話も

[雑感]米国市場にはマツダCX-5より上級のプレミアムSUVが必要?
東洋経済新聞に北米マツダのボス・毛籠氏のインタビュー記事が載っています。「質の高いシェア2%を狙う」戦略などが話されています。

2.電気自動車の共同技術開発

世界において電気自動車(EV)への需要と期待が高まる中、発展期にあり予測が難しいEV市場の動向に臨機応変かつ効率的に対応するため、トヨタとマツダは力を結集して、自由闊達に知見を出し合いながら、各国の規制や市場動向に柔軟かつ迅速に対応でき競争力のあるEVの基本構造に関する技術を共同で開発することを検討いたします。共同開発の詳細は今後、検討してまいります。

日経新聞いわく、トヨタとマツダは「EV出遅れ組」だそうです。

――両社がEV開発で組むことのメリットは。

小飼社長「規制が厳しくなる中で、環境変化にフレキシブルに対応できる体制を共同で整える。両社の設計、開発の技術をうまく融合し、競争力のある基本技術を開発する」

豊田社長「両社の技術を持ち寄り開発する。軽自動車、乗用車、多目的スポーツ車(SUV)、トラックまで競争力のある基本の部分をつくる」

トヨタ社長「米グーグルと競う」 マツダと会見  :日本経済新聞

さて、どうなることでしょう。トヨタは全固体電池の実用化にめどを付けているようなので、なんとかするのでしょう。そのためのマツダとの提携ですし。

3.コネクティッド・先進安全技術を含む次世代の領域での協業

クルマの情報化、車内外をつなぐ情報連携技術の要求の高まりに備え、車載用マルチメディアシステム関連技術の共同開発を進めてまいります。また、事故のない安全なクルマ社会の実現に向け、トヨタが保有する車々間、路車間通信技術をマツダと連携することで進めてまいります。

すぐにでもマツコネの抜本的な変更をすべき。

4.商品補完の拡充

既に北米においてマツダからトヨタにコンパクトセダンを供給しております。これに加え、日本においてトヨタからマツダに小型商用2ボックスバンを供給いたします。またこれ以外においても今後グローバルに商品補完の可能性を検討いたします。

マツダがプレマシーをやめると、日産向けの供給も終わるから、ファミリアバンをトヨタのプロボックスに切り替わるということ?


トヨタとマツダ、業務提携で合意。EVやコネクティッド技術を共同開発 – Car Watch

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    「新しく導入するクロスオーバー車種」気になりますね。

    高級SUVの投入かもですね。
    http://toyokeizai.net/articles/-/180972?page=3
    >マツダはかつて4万5000ドルの車を売った経験がない。こうした富裕層は将来子どもが巣立った時にCX-5を買いに行くのかなと。何かもう一つプレミアム的なモデルがいるのかもしれない。