マツダ、CX-5とアテンザの全機種に「i-ACTIVSENSE」を標準装備化

Ads by Google

マツダは、CX-5とアテンザの全機種に「i-ACTIVSENSE」を標準装備化して2017年8月3日に発売しました。


このたび『CX-5』と『アテンザ』の全機種に、認知支援技術の「先進ライト」と「車線逸脱警報システム」を標準装備しました。この2つの認知支援技術と、既に全機種で標準装備している「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」と「AT誤発進抑制制御[前進時]」の2つの衝突回避支援・被害軽減技術を標準装備したことにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」のうち、特に高齢ドライバーに推奨される技術を搭載した「セーフティ・サポートカーS(略称:サポカーS)」の「サポカーS・ワイド」に、『CX-5』、『アテンザ』の全機種が該当します。

さらに、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート」など、車両周囲の危険認知と安全運転をサポートする先進安全技術も、新たに全機種に標準装備しました。

CX-5の安全装備一覧

アテンザの安全装備一覧


流石に乗用車のフラッグシップであるアテンザは、XDや25Sでも●印が多くついていますね(笑)。

これまでのマツダなら、改良と同時にテレビコマーシャルを公開していたように思うのですが、最近は、タイミングが悪いというか…。

次は、アクセラの番ですが、XDやHYBRID-Cはともかく、15Cの扱いはどうするのでしょうね?


【MAZDA】マツダ、「CX-5」と「アテンザ」の全機種に先進安全技術を標準装備して発売|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする