マツダCX-4、2017年5月の生産台数は4,656台と2ヶ月連続の減少

Ads by Google

マツダが、2017年6月29日に発表した「生産・販売状況について(速報)」によると、2017年5月のマツダCX-4の生産台数は4,656台と減少幅は少ないながらも2ヶ月連続のマイナスになりました。

  • 2016年
    • 6月:4,351台
    • 7月:5,403台
    • 8月:4,515台
    • 9月:5,200台
    • 10月:6,000台
    • 11月:6,982台
    • 12月:7,200台
  • 2017年
    • 1月:7,000台
    • 2月:5,303台
    • 3月:8,047台
    • 4月:5,255台
    • 5月:4,656台

合計69,912台、平均5,826台/月(2017年1月分は推定値)

発売後最初の一年の販売実績は、まずまずのように見えるCX-4ですが、2年目に突入する前に商品改良を実施しなくて大丈夫なのでしょうかね。

ハンドルのデザイン変更やHUDのカラー化、SKY-G 2.5T搭載、安全装備の充実など細かいところから、走りの印象を変えるところまで、手を入れられる部分は数多いはずです。それとも、中国向けのモデルチェンジサイクルは長めなのでしょうか?

一汽マツダ、CX-4発売一周年を61,949台の販売ともに祝う
一汽マツダは、2017年6月21日にCX-4の発売一周年記念のイベントをウルムチで行ったようです。

中国メディアでも微妙な評価なのかな?
马自达CX-4上市一周年,算不算成功?


【MAZDA】マツダ、2017年5月の生産・販売状況について(速報)|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする