[感想]マツダ ロードスターRF RSを試乗してきました

Ads by Google

トヨタMIRAIを乗った反動(?)と言うか、勢いで続けてロードスターRFも試乗してきました。

回さなくても気持ちいい、2000ccの余裕

試乗車は、ブレンボ+BBSを装着したRSの6MTです。北海道マツダ苗穂店の試乗車は、どれもオプション盛り盛りです。

マシーングレープレミアムメタリックの色気たっぷりです。久しぶりのマニュアルなので、お決まりのスタート時にエンストしました。(トホホ)。

曇り空でしたが、ルーフを開けて試乗スターです。走り出してすぐに「楽しい」と思えるのはどうしてでしょうかね。無印ロードスターよりもしっとりとした走りという感じ(?)。加速するときのエキゾーストノートが、たまらないですね。ただ、あまり回さなくてもスピードが出るので、音に聞き入っていると「捕まります」。

途中で、雨が降り出してので13秒間でルーフを閉じて、試乗を続けます。ルーフを閉じると、エアコンが作動していたことに気づきました。そして、静かに。

マニュアルにも慣れたきた頃に試乗終了です(坂道の信号で半クラで右折待ちは勘弁w)。いや~楽しかったです。最初から、最後まで楽しさを味わえる貴重な車ですわ。マツダの中の人が言っていたように、回して楽しむなら軽快感なども含めて無印の方が、合っているのでしょうね。

試乗した苗穂店では、RSとSがよく売れるそうです。てっきり、VSが一番かなと思っていたので、少し意外でした。さて、次は、6ATに乗らないとな。


とても未来的な車に乗ってしまったので、その対極にあるようなロードスターRFに乗り、頭の中がリセットされ現実に戻りました。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする