マツダ、マツダコネクトを「Ver.59.00.502」にアップデート

Ads by Google

マツダは、マツダコネクトのCMU(コネクティビティ・マスタ・ユニット)プログラムを「Ver.59.00.502」に更新すると案内しています。

プログラムVer.59.00.502の主な変更点について

USBオーディオの利便性

  • モニタに表示されるUSBメモリーの名称を、デバイス名からボリュームラベルに変更しました。

iPhone/iPodの利便性

  • iPhoneをBluetooth接続したときモニタに表示される機器名称を、デバイス名からフレンドリー名に変更しました。
  • プレイリスト内に設定されたのフォルダーが表示されるようにしました。

Bluetooth機器との接続性、動作の安定性

  • Bluetoothの接続性能を向上すると共に、Bluetooth接続機器の電池残量表示の精度を向上しました。

USBオーディオの動作の安定性

  • 楽曲数が多い場合、リスト表示が極端に遅くなる現象を改善すると共に、選曲操作の反応を向上しました。

ナビゲーション自車位置精度の信頼性

  • ナビゲーションの作動安定性を向上しました。

CMUの作動安定性/応答性

  • 予期せぬ再起動や黒画、フリーズの現象を低減しました。
  • ミュート(消音)が、エンジンスイッチOFFにより時々保持されなくなる現象を改善しました。
  • 一部の車種にて、警告表示が誤って表示される現象を改善しました。


【マツダコネクト】プログラムVer.59.00.502の主な変更点について

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする