マツダ、CX-3ガソリンモデルから新燃費基準を採用

Ads by Google

日経新聞によると、マツダは、この夏からCX-3に追加するガソリンモデルから新燃費基準(WLTCモード)を採用するとのことです。

マツダの小型多目的スポーツ車(SUV)が、2018年10月に義務化される新しい燃費表示基準の適合第1号となる見通しになった。週内にも新基準の認可を受ける。新基準は燃費値が4種類に増えるほか、数値が悪化する車種もあるため、自動車各社は販売店への周知を急ぐ。

国土交通省はマツダが今夏発売を予定するガソリンエンジンのSUV「CX―3」を新基準で認可する。国内で販売する車種として初めて。すでにマツダは全国の販売会社へ、基準変更の説明を始めた。


CX-8の話を聞いた時に、「CX-8は新燃費基準を採用している。」と話していました。CX-8の登場よりも先に、CX-3のガソリンモデルが、WLTCモードを採用(表示)することになるんですね。

記事中に「国内の現行基準と比べ燃費値が1~2割程度悪くなるとされる」と書かれていますが、実走行でも現在のJC08モード燃費よりすぐれた数値を叩き出すので、「逆の乖離」が起こることになるかも、ですね。

ちなみに、EPAによるマツダCX-3 2.0 AWD 6ATの燃費は、27/32/29(city/highway/combined)MPGですから、日本の表示にすると、11.5/13.6/12.3km/L です。CX-3のガソリンモデルは、いったいどのくらいの数値になるのでしょうね。


マツダ、新燃費基準第1号 SUV週内にも認可  :日本経済新聞
Gas Mileage of 2017 Mazda CX-3

リンクを貼ったfueleconomy.govには、2017 Mazda2の燃費もあります。そういうものなの?

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする