マツダCX-4、2017年4月の生産台数は5,255台と前月比で大きく減少

Ads by Google

マツダが、2017年5月30日に発表した「生産・販売状況について(速報)」によると、2017年4月のマツダCX-4の生産台数は5,255台と前月比約2,800台の減少になりました。

  • 2016年
    • 6月:4,351台
    • 7月:5,403台
    • 8月:4,515台
    • 9月:5,200台
    • 10月:6,000台
    • 11月:6,982台
    • 12月:7,200台
  • 2017年
    • 1月:7,000台
    • 2月:5,303台
    • 3月:8,047台
    • 4月:5,255台

合計65,256台、平均5,932台/月(2017年1月分は推定値)

まだ、発売から1年経っていないので、12ヶ月の売上の波がよく分かりませんが、4月は3月に比べ2,792台も減少しています。日本なら「年度末のセールの反動だろう」のように思うところですが、場所は中国ですから、それはないですよね。

そろそろ発売から1年がたとうしている中、商品改良の話が流れてきません。3月に「探索版」を追加した以降は、一汽マツダのまわりはとても静かです。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする