マツダ、コスモスポーツ誕生50周年を祝うも、将来の話は無し

Ads by Google

日本と北米、英国の各マツダのコスモスポーツ誕生50周年コンテンツを見たところ、「将来の商品」のヒントはありませんでした。

まずは、日本から。


発売から50年経った今でも、大切にお乗りいただいているお客さま、コスモスポーツを応援してくださる皆さま、いつも本当にありがとうございます。

皆さまへの感謝の気持ちを胸に、マツダはこれからもお客様に愛され続けるクルマづくりを目指して、挑戦を続けてまいります。

「マツダ コスモスポーツ」が誕生50周年を迎えました。 | 【MAZDA】マツダ公式ブログ Zoom-Zoom Blog


そして、北米マツダは、プレスリリースも出し、数多くの写真や動画、エンジンの図面も公開するなど気合が入っています。


IRVINE, Calif. (May 30, 2017) – Fifty years ago today, Mazda Motor Corporation began its legacy of doing what was said couldn’t be done.

Lightweight, rigid SKYACTIV-Chassis and SKYACTIV-Body units allow Mazda vehicles to thrill the driver and passengers as much as protect them. And, in combination with all other SKYACTIV Technologies, the chassis and body designs and engineering allow for an unmatched Jinba Ittai driving experience in every Mazda, whether the iconic MX-5 Miata sports car or the seven-passenger CX-9 crossover SUV — driver and car as one.

Mazda continues to push technology, engineering and design thresholds to deliver cars and crossover SUVs for people who cherish driving. Then, as now, Mazda will never stop challenging.

Mazda Celebrates 50 Years of Challenging Convention | Inside Mazda


英国マツダは、50年を淡々と解説しています。


This willingness to try new things and relentlessly push limits remains synonymous with Mazda. The approach spawned the MX-5, whose Jinba-Ittai driver-and-car-as-one ethos has made it the most popular roadster ever. It also brought the world SKYACTIV Technology. Lightweight and unusual like the rotary engine, the SKYACTIV range of powertrains, platforms, car bodies and other technology found in today’s Mazdas are the products of engineering breakthroughs to achieve an extraordinary combination of performance and efficiency. SKYACTIV engines, for example, overcome the drawbacks to extreme compression, increasing the driving fun factor while at the same time reducing fuel consumption and emissions – and differentiating Mazda from its competitors.

50 years ago: Mazda launches rotary-powered Cosmo | Inside Mazda


「将来の商品」のヒントは、この50周年を祝う記事にはありませんでしたが、海外メディアでは、ZOOM-ZOOM マガジンの記事を復活の口火と見る向きもあるようです。

マツダから何か、もっとワクワクさせてくれるメッセージがあるかと思って、ずっと期待していただけに残念です。自車がカー・オブ・ザ・イヤーを獲得しても記念車を発売して盛り上がることもなかったから、こんな感じが「あたりまえ」なのかなぁ。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする