豪州マツダ、自動緊急ブレーキを多くの車種で標準化

Ads by Google

豪州マツダは、CX-3のフェイスリフトを期に自動緊急ブレーキSCBS-Fを標準化するなど安全装備の強化を図ったようです。


Mazda Australia claims to have completed its “standard safety revolution” after adding autonomous emergency braking (AEB) as standard to its CX-3 small crossover last week.

The company has progressively made its Smart City Brake Support – Forward (SCBS-F) system standard on its core passenger and SUV range, putting it at the pointy end of the market.

As of now, the Mazda 2, Mazda 3, Mazda 6, CX-3, CX-5 and CX-9 all have AEB standard.

日本国内のようにi-ACTIVSENSEのいくつかの機能をまとめて標準化することもなく、ましてや全グレードで採用することもないようです。

Mazda2のグレード別安全装備の採用一覧です。
SCBS-Fは、全グレード標準です。しかし、BSMとRCTAは、グレード別装備ですね。

そして、Mazda2とCX-3に採用されているSCBSは、アドバンストではないです。

SCBS operates between 4-30km/h on Mazda 2, Mazda CX-3 and Mazda CX-9, and between 4-80km/h on Mazda 3, Mazda 6 and CX-5.

日本と違いCX-3も無印SCBSのままです。

BSMとRCTAには、しょっちゅうお世話になるのですが…日本とオーストラリアでは、安全装備に対する意識が少し違うようです。

Mazda claims an AEB ‘safety revolution’

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする