マツダCX-9が「2017 Wards 10 Best Interiors」に選ばれる

Ads by Google

マツダCX-9のインテリアデザインが認められ「2017 Wards 10 Best Interiors」に選ばれています。

あまり褒めちぎっていると信憑性にかける気もしますが、マツダCX-9は、もっと高価なラグジュアリーCUVにも匹敵するインテリアデザインだと評価されています。

The kudos continue into the second and even third rows where, unlike many automakers, Mazda doesn’t skimp on materials, comfort or functionality. Each seat gets a head restraint – a safety feature sometimes deleted – and second-row occupants get their own climate controls(多くの自動車メーカーとは違って、マツダはマテリアル、快適性、機能性について熟視していません。各座席にはヘッドレストが付いています。安全機能が削除されることがあります。また、2列目の乗員は独自の気候コントロールを取得します).

Farther back, the third row has more than adequate headroom for two occupants and is easily accessed thanks to a design that allows sliding the second-row seats fore and aft(さらに後方には、3人目の列には2人の乗員のための十分なヘッドルームがあり、2列目の座席を前後に滑らせる設計により、簡単にアクセスできます).

Mazda deserves recognition for not just meeting, but exceeding, customer expectations for a premium CUV interior. With the CX-9, the automaker has redefined near-luxury by creating an environment competitive with vehicles priced thousands more(マツダはプレミアムなCUVインテリアの顧客の期待に応えるだけでなく、それを超える評価を得るに値する。CX-9では、自動車メーカーは数千台の車輌と競合する環境を作り、贅沢に近いものを再定義しました).


そして、以下のリストが、CX-9の他に「10 Best Interiors」選ばれた車です(アルファベット順)。

  • Alfa Romeo Giulia ($50,490 as tested)
  • Bentley Bentayga ($278,730)
  • Buick LaCrosse ($50,270)
  • Honda CR-V ($34,635)
  • Lexus LC 500 ($102,995)
  • Lincoln Continental ($72,870)
  • Maserati Levante ($90,000)
  • Mazda CX-9 ($45,855)
  • Mini Countryman ($38,450)
  • Subaru Impreza ($29,260)

Mazda’s CX-9 Redefines Near-Luxury
From Subaru to Bentley, Wards 10 Best Interiors Honored | Interiors content from WardsAuto

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする