北米マツダ、2017年4月のセールスレポートを発表。乗用車が前年比四割減

Ads by Google

北米マツダは、2017年4月のセールスレポートを発表しています。乗用車の売上減が足を引っ張っています。

2017年4月のセールスは、前年同月比-7.8%ですが、Mazda6とMazda3の落ち込みが4割以上となっており、この乗用車のマイナスが、足を引っ張っている形になっています。

4月のトピックは、

  • 新旧あわせたCX-5の売上が、4月の最高となる11,334台になる
  • CX-9は、2,134台を売り上げ、2011年以来となる4月としての最高になる
  • MX-5は、ソフトトップ/RFを合わせて引き続きセールスは好調、1,319台を販売
  • CXシリーズは、3車種合わせて前年比40.5%増の14,615台を販売。i-ACTIV AWDは、62.1%のユーザーに選ばれている。

4月の乗用車とCXシリーズの販売比率が、39.5:60.5になってしまいました。いくらアメリカが、クロスオーバーSUV大好きな状況になっているとは言え、やばいですよね。販売奨励金の積み増し合戦にどのように対応するのでしょうか…SKY-G 2.5TとSKY-D 2.2の採用ではずみを付けられるのでしょうかね?


Mazda Reports April Sales | Inside Mazda

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    セダン系は全メーカーで全滅ですね。
    SUVのCX-3が日米他でジリ貧なのがキツイですね。
    デザインは良いのですがサイズが小さ過ぎなのに、高額、、
    起死回生で、CX-4、CX-8を北米へ、ついでにmazda6の4WDワゴンも投入するのが良いかと、、