マツダCX-4、2016年度の生産実績で60,000台を上回る!

Ads by Google

マツダが、2017年4月27日に発表した「生産・販売状況について(速報)」によると、2016年度のCX-4の生産実績が、60,001台になったそうです。

  • 2016年
    • 6月:4,351台
    • 7月:5,403台
    • 8月:4,515台
    • 9月:5,200台
    • 10月:6,000台
    • 11月:6,982台
    • 12月:7,200台
  • 2017年
    • 1月:7,000台
    • 2月:5,303台
    • 3月:8,047台

合計60,001台、平均6,000台/月(2017年1月分は推定値)

さて、CX-4の生産台数が、1年未満で50,000台を超え、60,000台に達してしまったと言う事実から、「クーペスタイルSUVのテストマーケティング」は、(中国では)成功したと言って良いのではないでしょうか??

こうなるとCX-4のグローバルデビューがあるのか? その時期はいつか? とますます気になります。2016年度のグローバル生産台数が、1,591,808台と160万台目前まで迫っているので、そろそろ次のステージに進む準備をするタイミングでしょうか。

マツダCX-4のグローバル展開
買取業者との雑談で、何故かCX-4の国内販売の話が出ました。そんなこともあったのでこれまでの記事を見なおしてみます。


【MAZDA】マツダ、2017年3月および2016年4月~2017年3月の生産・販売状況について(速報)|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする