マツダ、デミオの全機種に「i-ACTIVSENSE」の4機能を標準装備化[動画]

Ads by Google

マツダは、デミオの全機種に「i-ACTIVSENSE」の4つの機能を標準装備にして2017年4月20日より発売しました。

『デミオ』に標準装備する「i-ACTIVSENSE」技術は、低速走行時に前方のクルマとの衝突回避をサポートし、被害を軽減する自動ブレーキ「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)」、徐行・停車時に前方の障害物が検知された状態での急発進を抑制する「AT誤発進抑制制御[前進時]」、認知支援技術である、車線変更時に斜め後方の車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、駐車場などでの後退時に横から近づく車両を検知し接触の危険を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」です。マツダは、これら4つの安全技術を標準装備することで、万が一の事故だけでなく、事故に繋がる危険な状態をも未然に防ぎたいと考えています。

新しくなったグレード別i-ACTIVSENSE一覧
SCBS RとAT誤発進抑制制御[後退時]も標準化されないですかねぇ。

「i-ACTIVSENSE」標準装備化のPRするTV CMもスタートしています。

「走る歓び」のために確かな安心を。マツダの安全は自動ブレーキだけでは終わらない。例えば、車線変更のときにヒヤリとした経験はありませんか?デミオなら、見えにくい死角などでのクルマの接近をお知らせします。「走る歓び」を支えるマツダ独自の先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を、ほぼすべてのクラスに順次標準装備していきます。まずは、コンパクトカーのデミオから。


デミオへのアドバンストSCBS搭載は、次の改良機会まで持ち越しになったのかな? それでも、標準装備化を発表してから、こうして改良されるまでのタイムラグが小さい点は素晴らしいと思います。しかも、量販車種のデミオから。

マツダ、デミオにも歩行者に対応する衝突被害軽減ブレーキ「アドバンストSCBS」を搭載へ
マツダは、2017年度中に計画しているi-ACTIVSENSEの標準装備化において唯一無印のSCBSの標準化に留まっていたデミオにもアドバンストSCBSの採用を検討しているそうです。


【MAZDA】マツダ、先進安全技術を標準装備した「デミオ」を発売|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする