[リコール]マツダ、CX-5(KE型)のヘッドライト不具合でリコールを届出

Ads by Google

マツダは、CX-5(KE型)のヘッドライトの光軸調整機能に不具合があり、下向きになったままになる恐れがあるとしリコールを届け出ています。

CX-5のリコールについて

不具合の部位

灯火装置(配光可変型前照灯)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

配光可変型前照灯装着車において、前照灯の光軸を調整するヘッドライト・レベリング・アクチュエータの樹脂成型工程が不適切なため、強度が不足しているものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、ヘッドライト・レベリング・アクチュエータが損傷し、前照灯の光軸が下向きのままになり、前方を照射できなくなるおそれがあります。

対象車


改善措置の内容


全車両、前照灯及びヘッドライト・レベリング・アクチュエータの製造ロット番号を点検し、該当するものは当該ヘッドライト・レベリング・アクチュエータを対策品と交換します。

その他の情報

  • 不具合件数:168件
  • 事故の有無:無
  • 発見の動機:市場からの情報による。


【MAZDA】CX-5のリコールについて|リコール等情報
報道発表資料:リコールの届出について(マツダ CX-5) – 国土交通省

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする