マツダ、新型3列7人乗りSUVをロサンゼルスモーターショーでも披露する?

Ads by Google

また、motoring.com.auからです。マツダが、開発中のCX-5ベースの3列7人乗りSUVを今年のロサンゼルスモーターショーで披露するとのことです。

マツダが、専ら日本市場に向けて開発しているとされる3列7人乗りSUVが、ロサンゼルスモーターショーでも披露される可能性があるということです。

Mazda is in the final stages of developing the first seven-seat version of its CX-5 and it could be revealed as early as this year’s Los Angeles motor show in November, our sources have confirmed(マツダはCX-5の最初の7座席バージョンを開発する最終段階にあり、11月の今年のロサンゼルスモーターショーの早い段階で明らかになる可能性があると、私達のソースは確認した).

ん?左ハンドルの地域でも売るということ? スバル レヴォーグのように結局は、海外でも販売されるのでしょうかね、この3列7人乗りSUV。

そう思っていたら、オートックワンの記事では、

アメリカでは、マツダはすでに新型CX-5と新型CX-9を発売しており、この2台でミッドサイズSUVとフルサイズSUVのセグメントをカバーしている。その中間に属するCX-6の存在価値は低く、現状では北米にCX-6を持って行く必要性を、筆者としては感じない。

こうしたアメリカ市場にマッチしないSUVである新型CX-6が、活躍するのはどこか? それは東南アジアや中近東などの新興国である。

マツダがミニバンを捨て日本に3列シートSUVの新型CX-6を導入する2つの理由|自動車評論家コラム【オートックワン】

アメリカよりも、東南アジアや新興国向けであるとしています。どちらにせよ、「日本専用」ではなさそうな雰囲気です。

そして、オートックワンの記事の締めが、いい味出しています。

“ただのデッカイ、マツダCX-5”になるような真似を、マツダがするとは思えない。

ただ、motoring.com.auでは、CX-7を復活させるかも…と〆ています。

We expect the all-new CX-5 seven-seater – which could be a long shot to be called the CX-6 or revive the CX-7 name


ロサンゼルモーターショーはともかく、まずは、東京モーターショーでワールドプレミアですよね。名前は、「CX-7」じゃないのかなぁ〜

Seven-seat Mazda CX-5 imminent – motoring.com.au

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. マツダファン より:

    もしCX-7の名前を引き継ぐなら、CX-4のようなクーペルックのSUVであってほしいという気はしますね。コンセプトが変われば車名も変えるべきだと思いますから。でもCXシリーズはもう打ち止めなんですよね〜