マツダ、米国でレンジエクステンダーEVとロータリーエンジンの特許を出願

Ads by Google

Autoblogは、マツダがアメリカで取得したレンジエクステンダーEVとロータリーエンジンに関する特許に関して伝えています。

一つ目の特許は、BMW i3のようなレンジエクステンダーEVのもので、フロントに前輪を駆動する電動モータがあり、後ろに発電機に動力を供給する内燃機関があります。リチウムイオンバッテリーも載せ、ちょうどデミオEVのような構成になっているとのこと。

United States Patent Application: 0170074176

二つ目は、何やら難しいことが、色々と説明されているのですが、燃費と排出ガス対策に有効だそうです。

United States Patent Application: 0170074192


そもそも、マツダは、2019年には、アメリカで電気自動車を販売する予定なので、関連特許が出願されていてもおかしくないのですが、ロータリーエンジンとセットになっているところがミソですね。

「小型ロータリーエンジンをレンジエクステンダーに使った電気自動車が、2019年にアメリカで発売される」線が濃くなりましたね。


Mazda patents show rotary engine for range-extended EV – Autoblog

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする