マツダ、新型CX-5のオートレベリング制御に不具合があるとしてリコールを届出

Ads by Google

マツダは、新型CX-5のオートレベリング制御コンピュータのプログラムが不適切なため眩惑させるおそれがあるとしてリコールを届け出ています。

CX-5のリコールについて

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

前照灯において、車両姿勢が変化しても前照灯の光軸を自動調整するオートレベリング制御コンピュータのプログラムが不適切なため、全ての座席に乗員が着席する等により車両が後ろに傾いた際に、光軸が正しく調整できないことがあります。そのため、光軸が上方向にずれて、対向の運転者が眩惑するおそれがあります。

対象車


製作期間の全体の範囲
平成28年11月28日~平成29年2月20日(計3,773台)

改善措置の内容

全車両、オートレベリング制御コンピュータを対策品と交換し、車両姿勢角の初期設定と前照灯の光軸を調整します。

その他の情報

  • 不具合件数:0件
  • 事故の有無:無
  • 発見の動機:取引先からの情報


SKY-D 2.2の大量不具合の対策がいっこうにユーザーまで降りてこない中、また新たなリコールです。なんだか、プログラム不具合が多い印象です。将来、自動運転に関わるプログラムに不具合が…なんて恐ろしいことが起こらないことを祈るばかりです。

【MAZDA】CX-5のリコールについて|リコール等情報
報道発表資料:リコールの届出について(マツダ CX-5) – 国土交通省

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする