[リコール]マツダ、SKY-D 2.2の不具合によりCX-5、アクセラ、アテンザの約17万台をリコール

Ads by Google

マツダは、SKY-D 2.2の不具合によりエンストや燃料漏れ、エンジン破損のおそれがあるとしてCX-5、アクセラ、アテンザの約17万台を対象にリコールを届け出ています。

CX-5、アクセラ、アテンザのリコールについて

不具合の部位

  1. 原動機(インジェクタ)
  2. 燃料装置(燃料リターンホース)
  3. 原動機(エンジン制御コンピュータ)
  4. 原動機(エンジン制御コンピュータ)
  5. 原動機(エンジン制御コンピュータ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

  1. ディーゼルエンジンにおいて、インジェクタ取付ナットの締結力が不適切なため、インジェクタガスケットの面圧が低下することがあります。そのため、燃焼ガスがシリンダーヘッドに吹き抜け、エンジンオイルが炭化し、炭化したエンジンオイルがオイルストレーナを詰まらせ、油圧低下により警告灯が点灯し、そのまま使用を続けると、エンジンが焼き付き、最悪の場合、エンストに至るおそれがあります。
  2. ディーゼルエンジンにおいて、整備作業時の燃料リターンホースの取扱いが不明確なため、当該ホースに係わる作業時に交換されなかった場合、ホース取付部のシール性低下やホース内部に亀裂が入ることがあります。そのため、そのまま使用を続けると、ホース取付部や亀裂部から燃料が漏れるおそれがあります。
  3. ディーゼルエンジンにおいて、減速時のエンジン制御が不適切なため、気筒内圧力が低下し、吸気バルブの閉じ力が低くなることがあります。そのため、吸気バルブとバルブシート間に煤が挟まり圧縮不良となって、エンジン回転が不安定になるほか、最悪の場合、エンストに至るおそれがあります。
  4. ディーゼルエンジンにおいて、インジェクタ制御回路の電圧変化によるノイズ対策が不適切なため、当該回路に許容を超える電流が流れることがあります。そのため、回路が損傷し短絡することでヒューズが切れ、燃料噴射が停止しエンストに至るおそれがあります。
  5. ディーゼルエンジンにおいて、過回転制御が不適切なため、アクセル全開等の際、吸気経路内のブローバイガスに含まれるオイルが燃焼室内で燃焼し、エンジン回転が上昇することがあります。そのため、エンジンの潤滑が不足して焼き付き、最悪の場合、エンジンが破損するおそれがあります。

対象車

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    2.全車両、燃料リターンホースを改良品と交換します。 15件
    以外は致命的なのでしょうかね??
    三菱自の燃費不正で面子を潰された国交省が過剰反応してる様にも感じますけどね。

    決算発表でリコール対策費を既に盛り込んでるので、経営影響もなさそうな、、

  2. マツダファン より:

    幸い事故件数は0、怪我をされた方がいなくて良かったですね。更なる熟成を期待します。
    初期ロットが含まれていないのは、どうしてなのでしょう。