マツダ アクセラの商品改良(2017年)を妄想してみる

Ads by Google

アクセラのフルモデルチェンジは、2019年かもという噂もあるので商品改良はもう一度あるかもしれませんが、今年の商品改良を妄想してみます。

マツダ アクセラの商品改良(2017年)を妄想

2016年の大幅改良で、ほとんどのネタを出し尽くした感がるのですが、KF型CX-5を横に見ながら妄想すると…。

エクステリア

エクステリアは、新色追加くらいでしょうか。Bピラーをピアノブラックにするという暴挙に出るかもしれませんが、それは置いておいて、他にはシーリングを追加して静粛性の向上でしょうかね。

  • ソウルレッドクリスタルメタリック採用
  • 遮音ガラスの採用
  • ALHを11連LEDに(KF型CX-5の12連ではなくBセグメントの11連)
  • ドアシールの追加

インテリア

あまり手を加える箇所がないと思うのですが、あえて、というか、やり過ぎ感も出る変更になるかも。

  • ニーパッド追加
  • リアシートヒーター追加
  • グローブボックス内植毛加工追加
  • ガーニッシュの材質見直し(艶々のピアノブラックはかんべん)
  • リアヒーターダクト、またはリアベンチレーション追加(望み薄)

機能

性能向上の他に、出し惜しみを挽回する変更です。

  • 高効率化i-ACTIV AWDの採用
  • ブレーキホールド追加
  • ミラーのオート格納標準化
  • ワイパーデアイサーの追加(望み薄)
  • デイライトキットのオプション追加

マツダコネクト

フルモデルチェンジだったKF型CX-5でも何も起きなかったので、商品改良では何も起きないのでしょう。まったく期待しません。

i-ACTIVSENSE

アクセラで採用されている機能と設定を見てみます。
機能が、ずいぶんと増えました。他社がカメラだけで実現している機能をマツダでは超音波センサーを個別に装備するとか、コスト的に疑問もありますが、機能向上するならMRCCが全車速対応になるくらいでしょうか。

アラウンドビューモニター的な装備は、i-ACTIVSENSE扱いになるのでしょうか? アクセラの年次改良よりは、アテンザのモデルチェンジでの採用でしょうか?? 車の全周囲の安全を確認する手段は、どのみち必要なるはずだから、後はタイミングなのかな。

さて、最後の商品改良になるか、もう一度あるか…フルに第2世代スカイアクティブを纏って登場するまで、あと1年と少し

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする