英国に投入されるマツダMX-5 RF 1.5のレビュー「2.0Lを買うべき」

Ads by Google

英国マツダは、本当にエンジンバリエーションが「これでもか!」と豊富です。MX-5 RFにも1.5Lの設定が追加になるんですね。

Auto Expressの記事の最初に「Verdict(評決)」が、書かれています。

Our first drive of the new MX-5 RF showed us that by fitting a trick metal roof, the two-seat sports car had lost none of its renowned Mazda magic. However, while the larger 2.0-litre coped well with the added weight, the penalties are more pronounced in the 1.5 – making it just that bit more difficult to get the best out of the sweet chassis. It’s still a well-rounded and effective package, but we’d recommend spending the extra £900 on the more powerful car(機械翻訳:新しいMX-5 RFの最初のドライブは、トリックメタル屋根をフィッティングすることによって、2人乗りのスポーツカーが有名なマツダの魔法を失っていないことを示しました。 しかし、2.0リットルの大型機では重量が増えても、1.5ではさらに罰則が課せられ、甘いシャシーを最大限に活用するのが難しくなっています。 これはまだまだ充実した効果的なパッケージですが、より強力な車に900ポンドを追加することをお勧めします。).

記事を読んでいくと、やはりソフトトップより車重が40kg増加したことには抗えず、131psの1500ccエンジンでは、レスポンスが悪いそうです。

例えば、0-62mph加速では、

  • 1500cc:8.3秒/8.6秒(ソフトトップ/RF)
  • 2000cc:7.3秒/7.4秒(ソフトトップ/RF)

といった具合です。約30psの差が0.2秒に効いています。

しかし、排気量が小さくなったおかげで、価格も下がっています。
英国での同じグレードで比較すると、

  • 1500cc:£22,195(約313万円)
  • 2000cc:£23,095(約326万円)

約13万ほどの差ですね。

Auto Expressでは、£900追加して2000ccの購入を薦めていますが、装備を見ると、タイヤが16インチと17インチ、LSDが付くか付かないかくらいの違いしかありません。

そして、Mazda3の1500ccでは、車重が1351kgあり、RF 1.5の1090kgよりかなり重いことを考えると、案外13万差で1500ccに乗るのもありかもしれません。見た目の格好良さや13秒でオープン/クローズをの世界を変えられることに関しては、まったく同等なのですから…(ん?見出しとは逆のまとめになった)。

New Mazda MX-5 RF 1.5 2017 review | Auto Express
Specs & Compare

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする