マツダ、GVCの次の展開は「ブレーキなどの連動」

Ads by Google

産経新聞の記事にマツダの研究開発のボス、藤原氏の話が載っています。ただ、いつ頃話されたものかは不詳です。

インタビュー形式なのですが、以前、他の記事で見かけたことがあるような話もあり、いまいち話の鮮度が曖昧ですが…。

GVCの次の展開について、次のように話しています。

--車両にかかる加速度(G)の方向を制御する技術「GVC」の次の展開は

「ハンドル操作とエンジンを連動させて、曲がる際に駆動力を落とし前輪の接地感を高めている。Gを円滑に回すことで、乗っている人間にかかる負荷も和らげ乗り心地も快適になる。次はブレーキなどを連動させ、より曲がりやすくすることなどが考えられる」

「GVC」は、SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSの第一弾と言っているのですから、続きがあるはずです。それが、ブレーキなどの連動ということでしょうか?

インタビューでは、他に、

原油の精製過程で出る軽油を使わないのはもったいない。必ず軽油を使う動力源を持つべきで、ディーゼル車がなくなることはない。いろいろな技術革新で規制をクリアし、ディーゼル車の人気が回復するときが来ると思う。

とも話しています。


【現場の風】マツダ、EVの乗り心地など基本性能アピール (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする