米国マツダ、2年目を迎えるCX-9の標準装備を見直し

Ads by Google

マツダは、2年目を迎える3列7人乗りSUV CX-9の標準装備を見直し、安全性と快適性を高めながら価格は据え置いています。

今回の標準装備の見直しは、SCBSの標準化が目玉のようです。

Mazda North American Operations (MNAO) has today announced CX-9 will return for its second-generation’s sophomore model year with an unchanged $31,520 starting MSRP[3] when it reaches dealerships later this month. The mid-level CX-9 Touring adds standard with Smart City Brake Support (SCBS)—a feature previously offered only in CX-9 Touring’s available options package as well as Grand Touring and Signature models(機械翻訳:マツダノースアメリカンオペレーションズ(MNAO)は本日、発表したCX-9は、その第二世代の二年生のモデル年のために戻ります MSRPを開始変わらず$31,520それは今月下旬にディーラーに達したとき。CX-9 Touringのミッドレベルは、以前はCX-9 TouringのオプションパッケージとGrand Touring and Signatureモデルでのみ提供されていたSmart City Brake Support(SCBS)の標準を追加しています).

SCBSは、「アドバスト」型ではないようです…また、SKY-G 2.5Tには、「G-ベクタリング コントロール」は、未採用のようです。

ソウルレッドもプレミアムメタリックです。新型CX-5発売までは採用しないのでしょうね。

マツダ、新型CX-9の価格を発表、$31,520(約352万円)から
マツダは、新型CX-9のグレードと価格を発表しています。,520(約352万円)からの4グレード構成になっています。


2017 Mazda CX-9 7-Passenger SUV Goes on Sale | Inside Mazda

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする