マツダの2016年の売上、欧州大陸では好調

Ads by Google

マツダの2016年の売り上げは、日本では前年比約20%減と散々でしたが、ポーランドの記事によると、欧州大陸では好調だったそうです。

ポーランドの記事では、マツダは、自動車販売の欧州全体の成長の約2倍に当たる、前年比12%増となり、4年連続二桁の成長になったとのことです。

マツダのラインナップの中でも人気があったのは、CX-5とCX-3の2台のクロスオーバーSUVで、欧州におけるマツダの売り上げの約半分を占めるほどでした。CX-3とMX-5の販売は、2015年比で倍増したそうです。

欧州市場を国別にみると、ポルトガルで80%増、イタリアで53%増(両市場ではCX-3が主なプラス要因)、チェコ共和国、フィンランド、フランス、ハンガリー、ポーランド、スロベニア、スペイン、スウェーデンの各国で約20%増でした。英国は低めで2.4%増、ドイツは9%増とのこと。

たまたま網に引っかかった記事がポーランド語だった、というだけです。

Mazda rośnie dwucyfrowo czwarty rok z rzędu – Biznes

中国でもCX-4のお陰か、プラスだったようです。日本だけが、極端なマイナスです。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする