マツダ、次期アクセラを2018年度末に新型エンジンを載せ投入!HCCIを採用し燃費3割向上との報道

Ads by Google

日経新聞によると、マツダは、2018年度末に燃費を約3割向上させた新型エンジンを次期アクセラに合わせて市場投入するとのことです。

マツダは燃費を従来比約3割高めた新型エンジンを2018年度末に導入する。点火ではなく圧縮によってガソリンを燃やす技術を世界で初めて実用化し、主力車に搭載する。同社は環境規制強化に対応するため電気自動車(EV)の開発も進めているが、当面は世界の新車販売台数の大半をエンジン車が占めるとみている。エンジンの改良を続け、主力分野での競争力を高める。

新型エンジンは18年度末に約5年ぶりに全面改良する主力車「アクセラ」から搭載を始め、車種を順次広げる。11年に投入した環境技術「スカイアクティブ」の第2世代と位置づける。

この新エンジンには、HCCIの技術が採用されますが、加速時などは点火プラグを補助的に使うとみられるそうです。燃費は、現行アクセラベースで算出すると、30km/Lに迫ると見られています。

この記事からすると、キーとなる技術・車の市場投入は、

  1. 次期アクセラ:2019年3月頃
  2. 新型エンジン:2019年3月頃
  3. EV車:2019年まで
  4. PHEV車:2021年以降

次期アクセラの登場は、もう少し早いかなと思っていたのですが…今回の新型CX-5の北米向けSKY-Dのように車両とエンジンの投入タイミングをずらすわけでもなさそうです。

以前の報道とは、色々と順序が変わってきていますね(苦笑)。

マツダ、フルSKYACTIVミニバンをCX-5ベースで2017年に投入との報道
日刊工業新聞によると、CX-5ベースのミニバンを2017年に、次期スカイアクティブ技術を使ったアクセラを2018年に、CX-5のフルモデルチェンジは2019年に行われるそうです。モデルライフが長い!


マツダの新エンジン 3割省燃費  :日本経済新聞

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする