マツダに対する2017年の期待と妄想

Ads by Google

2017年は、東京モーターショーが開かれる年であることと、マツダのロータリーエンジンにとって記念すべき年であることから、新しい動きに対する期待は大きいです。

東京モーターショーへの期待

All Newの新型車は、KF型CX-5のみのはずです。ロードスターRFの登場で、本当にラインナップが一巡していますから…。なので、2017年は、さらなる新型車ではなく、2018年以降の登場する新型車のヒントが、東京モーターショーでお披露目されるかに期待しています。

ローターリーエンジンを使った何か

商品化の順序からすると、ローターリーエンジンをEVのレンジエクステンダーに使用するほうが先のようなので、デミオEVがより市販車に近づいた形で登場するのでしょうか(EVなら北米のモーターショーで披露するのが筋かな?)。

すると、RX-VISION2的な、一歩市販車に近づいたクルマが出てくると、さらに3年近く待つための気力も生まれるのですが…。

贅沢は言いません、用途はともかく、動くSKY-Rを披露して欲しいです。できることなら、SKY-R搭載車のロードマップも!

次期型車のプロトタイプ

これまで、アクセラだけが、モーターショーでのプロトタイプ発表がありませんでした。シンの第7世代との噂もあるので、プロトタイプで注目を集めながらの市販車デビューで盛り上げてほしいなぁ、と。

そして、新型3列7人乗りSUVに関するなんらかのアナウンスは、是非欲しいところです。

新技術に関する展示

HCCIの話をしてから随分と間も空きました。マツダの考える自動運転や「つながる車」についてなど、技術的な課題・話題は多くありますが、偉い人がインタビューで話しているだけという現状なので、もっと多くの人にわ分かり易く説明する場(モーターショー)にして欲しいです。

ところで、SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSの第2弾以降ってなにがまっているのでしょう?

あ、マツダが、結局、北米向けSKY-Dに採用することになった、尿素SCRの説明も是非…。

既存車の年次改良

どうせ毎年何らかの改良を加えるのだから、年次改良って言ってしまえばいいのに(苦笑)。
それはそうと、KF型CX-5から設定された新たな装備は、2017年中に他の車にも波及するのでしょうか?

  • 高効率化i-ACTIV AWD
  • 全車速対応MRCC
  • ホールド機能付きEPB
  • 単眼12連ALH
  • ワイパーデアイサー
  • NVHのさらなる改善
  • デイライトキット(オプション設定)
    など

エンジンにも細かく手が入っているので、それも含めてですね。

デミオの安全性向上

まず、アドバンストSCBSを載せましょうよ! なぜ、安全性の要でもあり、販売上でも有利な自動緊急ブレーキの採用でヒエラルキーに重きをおくのか、まったく理解できません。

アクセラの仕様向上

EPBと新意匠のセンターコンソールの拡大採用はあるかなぁ? いっそうのこと、デミオで採用したリアヒーターダクトでもつかないですかね??

アテンザの仕様向上

国内フラッグシップモデルとして、KF型CX-5相当の装備になるのではないでしょうか。旗艦モデルだから…。

今年、マツダは、2016年の「前年比20%減」をどのような施策で反転させるつもりなのでしょう。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. しんじ より:

    妄想記事、大好きです。ぜひ今後の新車発売妄想もお願いします!