マツダ、すべてを深化させた新型CX-5(KF型)の予約受付開始!

Ads by Google

マツダは、フルモデルチェンジした新型CX-5の価格を発表し、2017年2月2日の発売に向け12月15日から予約受付を始めました。

新型CX-5発表!

マツダは、新型『マツダ CX-5』の予約受付を全国のマツダの販売店を通じて、本日より開始することを発表しました。メーカー希望小売価格は消費税込みで2,462,400円~3,526,200円、月間販売台数は2,400台を計画しています。なお、発売開始日は2017年2月2日の予定です。

月販目標が、KE型の1,000台/月から2.4倍にもなりました!

新型CX-5はドライバーだけでなく同乗者も含めたすべてのお客さまを笑顔にするSUV

新世代商品群として初めてのフルモデルチェンジとなる新型「CX-5」は、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、いまマツダがもつデザインと技術のすべてを磨き上げ、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたクロスオーバーSUVです。

新型CX-5の概要

洗練さと力強さを備えた、研ぎ澄まされた美しさを追求したデザイン

新型CX-5におけるデザインのキーワード

  • REFINED TOUGHNESS=洗練された力強さ
  • 成熟した骨格
  • 品格のあるフォルム
  • 仕立ての良い質感

エクステリアデザイン
  • フロントからリアへと一気に突き抜ける動きでスピード感を表現。
  • 前後トレッドを先代モデルから約10mm拡大し無駄を削いだシンプルな台形フォルムでスタンスのよさを強調。
  • フロントグリルは立体形状を組み合わせた精緻なパターンを採用。
  • 「魂動デザイン」の造形美をより質感高く際立たせるために、「ソウルレッドクリスタルメタリック」を採用。
インテリアデザイン
  • ドライバーを中心に操作機器や計器類を左右対称に配置。
  • デコレーションパネルには新開発の加飾フィルムを採用。
  • サイドデミスターとツイータースピーカーをAピラーに配置し、すっきりとしたデザインを実現。
  • シートには厚みのある座面、立体感のあるボルスターやショルダーの造形でSUVに相応しい力強さと安定感を強調。
  • インテリアカラーはレザー2種類(ピュアホワイト・ブラック)とファブリック1種類(ブラック)を設定。

全乗員の居心地のよさを追求したパッケージング

ドライバーだけでなく、乗るすべての人がドライブをゆったりと楽しめる、心地よい居住性

室内の静粛性
  • パーツ形状の最適化による振動そのものの最小化や、細かく振動をコントロールする工夫により、特に粗い路面での低周波のロードノイズを低減。
疲れにくさと運転のしやすさを高めるシート
  • フロントシートはシートバックに体圧を分散できるサスペンションマットを採用するとともに、シートバックの場所ごとに剛性を最適化。
  • リアシートはシートの傾き角度を先代モデルから2度拡大。
実用性を突き詰め、無駄のない使いやすさを実現
  • ラゲッジルームは定員乗車時にもゴルフバック4つ、72型のスーツケースであれば3つを積み込める505L。
  • パワーリフトゲートを採用。

「人馬一体」がさらに深化した走行性能

ドライバーだけでなく乗るすべての人が走る歓びを感じられるよう、心地よく爽快なパフォーマンスフィールと同乗者の快適性を両立。

パワートレイン
  • SKYACTIV-D 2.2
    • DE精密過給制御、ナチュラル・サウンド・スムーザー、ナチュラル・サウンド・周波数コントロールを採用。

  • SKYACTIV-G 2.5
    • ピストンのオイルリングに上下非対称形状を採用。

  • SKYACTIV-G 2.0
    • 13.0の高圧縮比やキャビティ付ピストン、4-2-1排気システムなど採用。

  • SKYACTIV-DRIVE
    • ドライバーの操作の意図を読みとってシフトする新しい変速制御を採用。
    • G-Vectoring Controlを全車に標準装備。
SKYACTIV-CHASSIS
  • ステアリングシステムはコラム式電動パワーステアリングを採用。
  • サスペンションシステムは、フロントにマクファーソンストラット式、リアにマルチリンク式を採用。
  • ブレーキシステムはフロントにベンチレーテッドディスク、リアにソリッドディスクを採用。
SKYACTIV-BODY
  • 先代モデルに対しねじり剛性を15.5%高め、操作に対する車体の応答遅れを低減。
ドライビングポジション
  • 運転席に座ったドライバーの体の中心を軸とし正面にステアリングホイールを、自然に足を開いた位置にペダルを配置するマツダ車共通のコクピットやオルガン式アクセルペダルを採用。
  • シフトノブの位置を先代モデルから約60mm上方に設置。

安全性能とヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)

すべてのドライバーが、すべての環境で安心してドライブを楽しめることを目指し、アクティブセーフティとパッシブセーフティの進化に加え視認性の向上にも注力

ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)の進化
  • フロントガラスに情報を表示するアクティブ・ドライビング・ディスプレイ6を新採用。
  • 見やすさを高めた新構造の7インチWVGAセンターディスプレイをダッシュボード上に配置。
    高精細4.6インチTFTカラー液晶を採用したマルチインフォメーションディスプレイなどでメーターの瞬間的な読み取りやすさを向上。
安全性能の進化
  • 全車速追従MRCCを採用。
  • ALHに、12分割のLEDブロックを採用する単眼式ユニットを採用。
  • アドバンストSCBSとTSRを採用。

メーカー希望小売価格(税込)

20S:2,462,400円からXD L Package AWD:3,526,200円

メディア

テレビコマーシャル


【MAZDA】新型「マツダ CX-5」を発表|ニュースリリース

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする