マツダ、新型CX-5国内仕様の概要を発表。現行比燃費悪化が残念

Ads by Google

マツダが、2017年2月に発売予定の新型CX-5の国内仕様の概要を発表したそうです。

マツダ新型CX-5の概要

Car Watchの記事から読み取れる内容を元にグレードと駆動、変速方式を一覧にしてみました。まちがっているかも、です。

新型CX-5グレード一覧

エンジン グレード 駆動方式 T/M 価格(万円)
SKY-G 2.0 20S FF AT
20S PROACTIVE FF AT
SKY-G 2.5 25S AWD AT
25S PROACTIVE AWD AT
25S
L Package
FF AT
AWD
SKY-D 2.2 XD FF AT
AWD
XD PROACTIVE FF AT
AWD
XD
L Package
FF

AT

AWD

現行と新型CX-5の燃費比較

現行CX-5の燃費

SKY-D 2.2 SKY-G 2.5 SKY-G 2.0
FF 18.4km/L 15.2km/L 16.4km/L
AWD 18.0km/L 14.6km/L


新型CX-5の燃費

SKY-D 2.2 SKY-G 2.5 SKY-G 2.0
FF 18.0km/L 14.8km/L 16.0km/L
AWD 17.2km/L 14.6km/L

SKY-G 2.5(AWD仕様)だけが、かろうじて同じ数値になっていますが、他は、軒並みダウンしています。燃費だけは深化できなかったようです。

ただしJC08モード燃費の数値は、車両重量の増加もあって少し悪化した。クリーンディーゼルターボのXDは、先代は2WDが18.4km/Lだったが、新型CX-5は18km/L。4WDも18km/Lから17.6km/Lに下がった。ガソリンは2リッターが2WDのみで従来型が16.4km/L、新型は16km/Lだ。2.5リッターは2WDが15.2km/Lから14.8km/Lに下がり、4WDは14.6km/Lで等しい。

発表直前!マツダ新型CX-5の全貌が明らかに!判明した詳細スペックからCX-5の実力を徹底解説(2/2)|新型車解説【オートックワン】

おおよそ50kg前後も車重が増加してしまったのは、NVHの改善のためでしょうか。燃費を捨てて乗り心地改善ということ?

i-ACTIVSENSEの改良

  • MRCCの全車速追従化
  • ALHを4→12分割化

「これ!」といった目新しい機能・装備がなく、残念。アラウンドビューモニター的なものを開発しているなんて噂を耳にしたことがあるのですが…自動運転を見据えると、どのみち360度の安全確認は必要になるから、そのうち装備されるかな??

マツダ、新型「CX-5」(日本仕様)の概要発表 – Car Watch

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    燃費悪化は、重量増なのか、国土交通省の走行抵抗測定方法変更の通達の影響か?
    http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000172.html

    CX-5のFMCが残念なのは、ロータリー開発を優先したのでHCCIエンジン導入が遅らされて、搭載が見送られたのではないかと勘繰っています。

  2. 藤田盟児 より:

    この間、マツダのIRに行ってきました。開発部長だかなんだかに質問して確認したのですが、スカイアクティブのGEN2は、現在のスカイアクティブより30%燃費が良くなると断言していました。それが搭載されてから買いですかね。