2016年の期待と妄想、そして結果(マツダ編)

Ads by Google

今年の初めにマツダに対していくつかの期待と妄想をしていました。年末になり、期待や妄想がどうなったのかを振り返ります。

年始めに書いた期待と妄想はこんな感じ。

新型車の登場

  • マツダスピードアクセラの登場
  • CX-4の登場

残念ながら、マツダスピードアクセラは、第6世代での登場はなくなってしまい妄想に終わってしまいました。しかし、CX-4は中国専売ながら発表・発売されました。日本国内発売は、まだ、妄想の範疇です。

安全性・経済性能の向上

  • 自動緊急ブレーキの性能向上
  • ALHの性能向上と水平展開
  • ディーゼルハイブリッドの登場
  • 寒冷地仕様の充実

安全性への期待は、ことごとく現実になり、驚いているのと同時にマツダへの見方が少し変わりました。自動緊急ブレーキの性能向上を単眼カメラでやってのけたのはさらに驚きです(笑)。

そして、なによりも寒冷地仕様、ワイパーデアイサーが、新型CX-5「から」採用になったというのは、いい意味で裏切られました。ただ、順調に他車に水平展開されるかは、注視しないとだめでしょう。

2016年の期待と妄想(マツダ編)
マツダにとって2016年は、おそらく第6代商品群のまとめに入る年になると思われるので、期待と妄想を。

来年は、東京モーターショーがあるので、期待と妄想も激しくなりそうです(汗)。

Ads by Google
TM336
TM336

フォローする