マツダ、中国専売のCX-4が「2017中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したと発表

Ads by Google

マツダは、中国専売のクーペスタイルSUV CX-4が、「2017中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことを発表しています。

cx-4_01

中国自動車専門メディア編集長クラブとPRIME RESEARCH & Consulting (Shanghai)社が主催する「2017中国カー・オブ・ザ・イヤー(第四回)」において、「マツダ CX-4」が「2017中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことを発表しました。マツダ車による同賞受賞は今回が初めてとなります。

「CX-4」は、マツダの「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用し、今年の6月に中国に導入されたクロスオーバーSUVです。「Exploring Coupe(エクスプローリング・クーペ)」というコンセプトのもと、美しいデザインによる「際立つ存在感」、日常の扱いやすさに注力した「考えぬかれた機能性」、本格SUVに劣らぬ地上高と大径タイヤ、そして新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」による走破性、さまざまなシーンでの「人馬一体」の走り、優れた環境・安全性能を提供価値とするこの商品は、2016年10月末までに合計21,860台を販売しています。


【MAZDA】「CX-4」が「2017中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を初受賞|ニュースリリース

一汽マツダのホームページを見ても、この話題があるのか無いのかわからない状態…中国では、報道されているのかなぁ?

そして、CX-4は、中国専売のままという雰囲気が…。

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする