マツダ、北米向け新型CX-5にディーゼルエンジを搭載すると正式発表

Ads by Google

マツダからリリースが出され、2017年後半に北米へのディーゼルエンジ投入が「約束」されました。

ロサンゼルス自動車ショーにおいて、2017年後半より北米市場向けの新型「マツダ CX-5」に、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載することを発表しました。マツダとして初めて北米向けに導入するディーゼルエンジン車となります。

マツダの丸本 明(まるもと あきら)代表取締役副社長執行役員は、発表に際して、「このエンジンは、北米市場で優れた走りと環境性能の両方をお求めのお客様にとって、新しい選択肢になり得ると信じています。」と述べました。


【MAZDA】マツダ、2017年後半より、北米向け新型「マツダ CX-5」にディーゼルエンジンを搭載|ニュースリリース

マツダ、2017年から北米にようやくSKYACTIV-Dを投入へ
マツダが、ようやくアメリカに2017年にもSKYACTIV-D搭載車を投入すると日経が報じています。
Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする