[サービスキャンペーン]マツダ、CX-3とデミオ、アクセラのエンジン制御プログラム不良で無料修正を実施

Ads by Google

マツダは、CX-3とデミオ、アクセラのエンジン(SKY-D 1.5)制御プログラム不良でエンジンチェックランプが点灯するおそれがあるとしてサービスキャンペーンを実施すると案内しています。

CX-3、デミオ、アクセラのサービスキャンペーンについて

不具合の内容

ディーゼルエンジンのエンジン制御コンピュータにおいて、エンジン失火を判断する故障診断プログラムの閾値が不適切なため、低負荷領域での気筒間の燃焼バラツキ等をエンジン失火と誤判定し、エンジンチェックランプが点灯するおそれがあります。

対象車

004671

改善の内容

全車両、エンジン制御プログラムを対策プログラムに修正します。

サービスキャンペーン開始日

平成28年11月11日

【MAZDA】CX-3、デミオ、アクセラのサービスキャンペーンについて|リコール等情報

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    価格comで、リコール改修後にエンジンチェックランプが点灯する、との書き込みが増えていたので心配してましたが落着ですかね。

    リコール台数から1.5Lディーゼルの売れ行きが判りますね。
    デミオは2年で72000台⇒月に3000台
    アクセラは4か月で4000台⇒月に1000台