マツダCX-4は予想に反して売れているみたい

Ads by Google

CX-4-70690054

マツダが、毎月公表している生産・販売状況を見ると、予想に反して好調な売上が続いているようです。

こちらが、売上が苦戦するとする中国メディアの記事。

マツダCX-4は今後苦戦を強いられる?
スタートダッシュは良かったよう見えるマツダCX-4ですが、今後の売上維持には苦労しそうです。

実際には「売上」でなく、「生産」なのですが、どこぞのメーカーと違って、モータープールに野ざらしにするために作っているとは思えないので、売れているとみなして良いと思います。

マツダCX-4の海外生産台数

  • 6月:4,351台
  • 7月:5,403台
  • 8月:4,515台
  • 9月:5,200台

    合計19,469台、平均4,867台/月

このペースが、1年間続くとすると58,407台にもなり、おそらく採算ラインと見られる50,000台を超えることになりそうです。

今、マツダ本社1階ロビーでは、11月18日までCX-4を特別展示しているように、マツダもわざわざ中国国内の生産台数を公表するなどちょいちょい情報を出して、何やらさぐっているようです。

そして、マツダ本社のみどころは、ミュージアムだけではありませんよ。
本社1階のロビーでも、さまざまなイベントを開催しています。

現在は期間限定にて、海外に導入している「マツダ CX-4」を展示。(2016年11月18日まで展示予定)

mazda-cx-4_hiroshima

こちらの「CX-4」は、「Exploring Coupe(エクスプローリング・クーペ)」というコンセプトのもと、既存の概念・枠組みを越えることを目指し、開発されました。

「魂動」デザイン特有の躍動感ある造形をベースに、力強い踏ん張り感とクーペのような流麗なキャビンを組み合わせた「際立つ存在感」が特長です。

この秋、マツダ本社にいらっしゃいませんか?ロビーではCX-4など特別展示を実施中。マツダミュージアムでは車両組立ラインもご覧いただけます。 | 【MAZDA】マツダ公式ブログ Zoom-Zoom Blog

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする