マツダRX-9はマイルドハイブリッドを搭載??

03_rx-vision

マツダは、SKYACTIV-Rを搭載する新型ロータリースポーツにマイルドハイブリッドシステムを採用するかもしれないそうです。

「ソース」と称している情報提供が、何者かという点がはっきりしていないのですが…。

Using a hybrid with a rotary engine would be an interesting idea because the former would allow the car to reduce its emissions without dramatically affecting performance. On the contrary, if done right, as Mazda has accustomed us, performance will be boosted with the hybrid unit.

Among the solutions that could be employed by Mazda for its next hybrid sports car is an electric unit that will be used to start the engine, charge the batteries, and provide an e-power boost.

Mazda RX-9 Will Go Hybrid, Sources Say – autoevolution

エンジンスタート、バッテリーチャージ、加速を補うためにマイルドハイブリッドを使うとしています(もちろん、エミッション対策も)。

このようなマイルドハイブリッドは、ドイツメーカーが採用を計画している「48Vシステム」の標準的な機能だと指摘ています。

アウディに続きメルセデスベンツも48Vシステムのマイルドハイブリッドを新型Sクラスから採用するそうです。
SKY-Rにも採用されるかもしれない電動コンプレッサー(EPC)と48VサブシステムをアウディがSQ7 TDIに載せてきました。

来年の東京モーターショーには、もう一歩進んだ新型RXシリーズのコンセプトカーの登場が期待されていますが、さて、どうなることやら。仮に「48Vシステム」ならディーゼルにも応用というか、共用できる技術なのでもあったりするので、40km/Lを目指す次期SKY-Dにもちょうど良いのではないでしょうか(こちらも、お尻に火がついている?)。
https://super.asurada.com/cars/mazda/2014/12206/

広告
 

フォローする

コメント

  1. jomon より:

    マイルドハイブリッド、、良いですね。
    e-power boost が電動過給器ではと、妄想してしまいます。