新型Mazda3 2.2D 150 Sports Naviのレビュー

Ads by Google

mazda3-22d-150-sportsnavi

オートカー・デジタルが、新型Mazda3 2.2D 150 Sports Naviのレビューを掲載しています。

英語版を素早く翻訳し公開してくれるのはありがたいです。

3ページ目のダメ出しが、読むべきところでしょうか。

  • せっかく、よく粘り、よく曲がるのだから、ステアリングの重みに一貫性をもたせるべき
  • 路面が非常に悪くなった場合、にキャビンに振動が伝わりやすい
  • マツダが主張していたコンフォート性能は味わえなかった
  • インド・ノイズやロード・ノイズは、ライバル勢のほうが静か
  • インテリアのテリアルの選び方は、相変わらずクエスチョン・マークがのこる
  • あまりに安っぽいプラスティックを無視することはできない

車内の「静かさ」については、初期型CX-5から乗り換えた身としては、十分静かに感じます。加速時のガラガラ音も許容範囲内です。

インテリアの質感、特にダッシュボード下半分は、BM型登場のときから「安っぽい」と思っていましたから、この大幅改良でも手が入らなかったのは残念です。

記事のまとめが、「これよりも安いグレーで十分だ。」とされているのも残念。2.2Lだから味わえる余裕と加速性能が、大きな魅力なのに(価格差に見合うかは、それぞれの価値観ですけど)。

マツダ3 2.2d 150 スポーツ – 初試乗 | オートカー・デジタル – AUTOCAR DIGITAL
2016 Mazda 3 2.2d 150 Sport Nav review review | Autocar

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする