[リコール]マツダ、海外でもリアゲートの不具合で180万台をリコール

Ads by Google

ロイターなどによると、マツダは、海外でもリアゲートの不具合で180万台を対象にリコールを実施するとのことです。

リアゲートに不具合があるのは2007―15年に生産された「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」などで、国内で約39万5000台、海外で約180万台が対象。

また、エンジン不具合でリコールが実施されるのは14―16年生産の「デミオ」などで、国内約11万7400台が対象となる。

この記事の書き方だと、イギリスなどで販売しているSKY-D 1.5は、リコールの対象ではないみたいですね。海外仕様は、現地の基準に合わせていて、日本とはプログラムが違うということなのでしょうか。

マツダ、世界で約230万台をリコール リアゲート不具合などで | ロイター

Ads by Google
TM336
TM336

シェアする

フォローする